サムネイル

盛り上がれないわ…エッチの時に男性にされて萎えた5つのコト

エッチの時にせっかくいい雰囲気だったのにとある言動で萎えてしまったという女性は意外と多いのです。冷めてしまったことを気が付かれたくないと演技でいったフリ、喘いでみる…など苦痛でしか無いセックスをしたことがある、という女性も。こんなのじゃ盛り上がれない、という萎えた言動をまとめました。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 更新日:

冷めてしまう言動で萎えてしまった…

せっかくいい雰囲気だったのにとある言動で萎えてしまったという女性は意外と多いです。でも冷めてしまったのを気が付かれたくないな…と演技でいったフリ、喘いでみる…など苦痛でしか無いセックスをしたことがある、という女性も。

思わず冷めてしまう言動をしていませんか?ぜひ以下の項目で自分の言動を振り返って女性とのセックスライフを確認してみましょう!

言葉責めしすぎ

いけよ、きもちいんだろ?、もっと欲しがってもいいんだよ…などなど、適切なタイミングの言葉責めは最高のspiceになりますが、やりすぎは禁物。相手の気持ちを萎えさせてしまうことになります。

相手を気持ちよくしようとずっと言葉責めをしていると、女性も冷めてきます。言葉責めはたまにするからいいのであって、いつでもどんなときでも責められて気持ちよくなれるわけではありません。

時に責め過ぎは強制にも思えてきて、嫌なエッチの思い出になってしまうことも。過度の言葉責めは女性の気持ちを傷つけます。優しくしながらも、時には意地悪なことも言ってみる、というくらいがちょうどいいのです。

相手をイかせようとしてありきたりな言葉責めを連発していると女性は萎えて冷めきってしまいます。女性の気持ちも考えずに、ただ単に自分が困っている女性の顔を見たいだけ、気持ちよくなってほしいだけ、恥じらっている姿をみたい、など勝手な言動をしていると女性は萎えてしまいます。

乱暴すぎる愛撫

相手を気持ちよくさせようと体を痛めつけたりするような愛撫は女性にとって苦痛でしかありません。よくAVなどでも乱暴に胸をもんだり、首を掴んだり、頭を抑えたりするようなものもありますが、それは「愛撫」ではなくもはや暴力です。

また、中に指をいれて激しく出し入れしたり、かき回したりするのも、女性にとっては気持ちよくありません。Gスポットなど、本当に気持ちがいいところをゆっくり丁寧に刺激されるのが好き、という人のほうが多く、本当のエクスタシーということを考えれば激しくすればいい、ということでもないのです。

激しくすることで女性が乱れる、という誤った性の情報が溢れているようにも感じますが、実際は丁寧に優しくする愛部のほうが女性はより濡れて気持ちよくなれます。

激しく、ただ相手をイかせようとするだけの愛撫は女性が萎えてしまう原因になります。

中出ししようとしてくる

女性が中出しを許せるのは本当に好きな男性だけです。心から好きな男性には心も体もひらけるけれども、まだ結婚するような覚悟も決まっていないのに、中出しをしてこようとしてくる男性にはげんなりしてしまう、という女性も多いのです。

ゴムをしてほしい、といってもしてくれない、という男性にももちろん萎えてしまいますが、何も言わずに、生で中に入れて、ただ気持ちよさを貪ろうとしてくるような思いやりのない男性には萎えてしまいます。

もちろん、女性もゴムが無いほうが気持ちよく感じることができますが、やはり妊娠するかもしれない、ということを考えると安易に生でしよう、という気持ちにはなれません。

生で仮にいれても外出ししてほしいと思っているのにもかかわらず、無理やり中に出したり、中に出したのに、外で出した、そもそも出してない、などと嘘をつく男性もいるようです。

そういった場合に女性は本当に悲しい気持ちになりますし、自分を大事にしてくれていない、と認識し、冷めきってしまいます。

賢者モードに入ってしまってかまってくれない

賢者モードに入ってしまう男性に萎えてしまう女性も多いようです。これは筆者もそうです。終わった後に、何事もなかったかのように離れていき、タバコを吸いにいったり、何の声かけもなく仕事を始めたり、寝てしまったり…女性にとっては終わった後のピロートークまでがセックス。男性も同じ意識でピロートークまで一緒に楽しんで欲しいもの。

一緒に腕枕をしながらお互いの肌の感触を確かめながら、気持ちよかったね、と声を掛け合えるような関係性であれば冷めることはありません。しかし、実際は男性が逝って出すことに満足してしまい、その後の女性に対しての声かけなどは一切ない、ということも。

そんな男性を遠目でみて、あーもう、二度としたくない、こんなに寂しい気持ちになるなんて、と内心思っている女性も少なくありません。

ひたすらフェラをさせる

そもそも挿入以前の問題として自分の気分がのりきらず、勃ちきらないために女性にずっとフェラをさせ続ける、という男性もいるようです。これは女性は萎えてしまいますね。

長い時間のフェラは女性にとっては苦痛でしかありません。顎は痛いし、頭も同じ位置で固定しているのも大変。呼吸もし辛い。そんな状況が長い時間続いたら女性は乾ききってしまいます。

自分のものを咥えている女性の姿が好きだ、という声をよく聞きますがそれは女性の気持ちになって考えたことはありますか?もちろん、女性も男性のことを気持ちよくしたいとおもってフェラに応じます。しかし、だからといって長時間それをしていたいか、といわれたら、そうではない女性が多いでしょう。

女性を萎えさせてしまうことはやめよう!

女性が思わず萎えてしまうようなことも相手が気持ちよくなっているようだから、いいか、と思ってそこまで重要視していない人もいるでしょう。しかし、実際は本音が言えていないだけで我慢していたり、演技をしている、ということも少なくありません。

女性が嫌がっているかも知れない、本当は萎えているかも知れない、ということも考えてみましょう。

大切なのは自分だったらどう思うか、ということ。そして女性を思いやる気持ちが自分の中に欠けていないか、ということを問うてみること。自分は大丈夫かな?と不安になったら今度からは女性にどうしてほしいのかきいてみましょう。

本当は嫌だと思っていることがあったら言ってほしい、と真面目にきいてみれば、意外と答えてくれるかも知れません。

女性もするなら気持ちよく、幸せな気持ちでセックスをしたいと思っています。ぜひ女性を萎えさせない、思いやりのあるセックスをしてくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター