サムネイル

【ドS男子必見】女性におねだりさせるための焦らしテクニック

おねだりしている女性を見ているとゾクゾクして興奮するという男性も少なくないでしょう。それは女性も同じ。彼のモノをおねだりする自分のふしだらな姿に興奮するのです。セックスの流れがいつも同じ、セックスに飽きてきた。そんなカップルこそ、おねだりセックスは効果的。今回は、夜が盛り上がる焦らしテクニックをご紹介♡

  • 更新日:

ドS男性必見!女性におねだりさせちゃう焦らしテク

ドS男性におすすめのプレイといえばやはり「焦らし」。女性が目の前で懇願する姿をみて興奮するという男性も少なくありません。また、おねだりする側の女性にとっても、自分が貞操観念の低いビッチになったような感覚がして背徳感と興奮を覚えるプレイです。

焦らしは男性も我慢しなければならず、早く快感がほしい、というせっかちな男性にとっては何の得もないのです。でも、待てば待つほどその快感はたまらなく良いものになるのも事実。ちょっと余裕のある夜に、あるいは記念日にぜひやってほしいプレイです♡

今回はそんなドS男性にぴったりな女性を骨抜きにするテクニックを紹介します。盛り上がること間違いなしですよ!

大事なところにはすぐに触らない

大事なところにはすぐには触らないというのはもはや原則。すぐに触ってしまうと焦らしの意味がありません。乳首、クリトリス、秘部などはぎりぎりまで触りません。そこをギリギリ避けるようにして触るようにするのがポイント。近くをさわさわと触るだけ。相手が腰をくねらせたり、吐息を漏らしてうずうずしていたら焦らしは完璧です。

言葉責めも上手に入れるといいでしょう。そろそろ触ってくれるかな、と思っているところでピタッと愛撫を止められたり、違うところを愛撫されると、思わず目で訴えたくなります。
そんなときに「どうしたの?」と一言聞くだけでも女性は思わず濡れてきてしまいます。

フェザータッチで焦らす

優しくさわさわと触られていると気持ちが良くて頭の中がぼーっとしてきます。フェザータッチで体のあちこちを触られると思わず体の芯からうずいてしまうもの。背中がゾクゾクしてしまって体が反応してきます。フェザータッチで触るときのポイントは触るか触らないかぐらいの弱さでゆっくり時間をかけるということ。

特に内ももや乳首の周りなどはフェザータッチで触られると弱いもの。女性を思いっきり気持ちよくしたい、焦らしておかしくなるくらいに逝かせたいという願望がある人はとにかく懇願されても上手にかわすこと。

「どうしたの?」「どうしてほしいの?」はMの女の人にとってはズルい質問。言いたくないけど、言いたい、触ってほしい、でも言えない、という気持ちがさらに羞恥心を掻き立てて興奮につながります。

欲しいといわれても触らない

欲しい…といわれても触らないようにしましょう。「まだダメ」「我慢しなさい」などはSの男性にとっては常套句でしょう。欲しい、といわれても「何がほしいの?」「どこにほしいの?」といいながら、大事なところをかすめながら、ゆっくりと焦らすのがポイント。

あくまでも触らないけれども、息を吹きかけたり、じーっと見つめたりするのはOK。とりあえずぎりぎりまで触らないというのがポイントです。

もうお願いだからといわれたら触る

もう無理、お願いだから触って!と涙ながらに言われたら触ってあげましょう。でもただでは触らせないのがS男子。「どこをどんな風に触ってほしいの?」と聞かれたら、ここまで焦らされた女性は半分叫びながら答えるでしょう。

言えたら、たくさん優しく、でも大胆に触ってください。女性はそれまでさんざん我慢してきているので歯止めが効かなくなっていることも多いです。男性もそこまで焦らしたら自分もかなり興奮していると思うのでお互いに貪りあうようなセックスができるでしょう。

思わずおねだりしちゃう焦らしテクで女性を楽しませて

ギリギリまで触らないというのはお約束。途中懇願されて、男性のほうが負けてしまって焦らしに失敗するということもあるようですが、そこはガマン!最後まで焦らしてギリギリまで耐えると、女性のアソコモかなり濡れてきます。

人によっては言葉責めは好きじゃないという女性もいますし、あまりにも焦らしすぎると怒らせてしまったり冷めてしまったりすることもあります。あくまでも「ギリギリ」まで焦らすということが大切。ぜひ焦らしプレイを取り入れて刺激的な時間をお過ごしください♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター