サムネイル

恋愛ご無沙汰だった人が久しぶりの恋で気を付けるべきポイント

「恋愛はするものじゃない落ちるものだ」なんて言いますが、恋に落ちたのが久しぶりだったとしたら…。今までの妄想が爆発して大変なことになっちゃいますよね。でも恋愛は相手のあることです。自分の盛り上がりだけで突っ走ってしまうことがないよう、久しぶりの恋は気をつけて進めていきましょう。

  • 更新日:

久しぶりの恋愛は楽しいけれど…

恋って楽しいものですよね。それはもう踊りだしたくなったりするほどの気分の高揚をもたらしてくれるものです。しかもそれが久しぶりの恋愛となれば、その楽しさは倍増します。恋愛はしようと思ってできるものでもなく、いつ自分の身に降りかかってくるか分かりません。久しぶりの恋愛に浮かれてその恋を逃すことがないように、久しぶりの恋愛で気をつけるべきことを知っておきましょう。恋愛は自分一人でするものではありません。自分の気持ちだけで暴走してしまうことがないように、じっくりと恋愛を進めていきましょう。

久しぶりの恋で気を付けるべきポイント

舞い上がり過ぎない

恋愛はとても楽しいものです。たとえ両思いではなくても、好きな人がいるだけで人生はモノクロからカラーになるほどの彩りを持つようになります。仕事のやる気にもつながったりいい効果もある恋愛ですが、注意しておきたいのは”舞い上がりすぎない”ということです。その久しぶりの恋愛が両想いでお互いに舞い上がっているのであれば何の問題もありません。けれど、相手が同じくらい盛り上がっていなければ、あなたのその盛り上がりは空回りということになってしまいます。空回りして見えるとその恋愛が成就するのを妨げてしまいます。内心はいくら盛り上がっても構いませんが、その盛り上がりを前面に出すことはやめておきましょう。

やりたいことを全て押し付けない

久しぶりに恋愛をすると、恋愛をしていなかった期間の欲望が大爆発してしまうことがあります。これは私が実際に体験したことなのですが、恋人ができたらしたいこと・行きたいところリストを作っていた人がいて、それを見せられてドン引いてしまったことがあります。内容自体はかわいらしい「ディズニーランドに行きたい」とか「おいしい朝ご飯を作ってあげたい」といったかわいらしいものだったのですが、内容は問題ではないんです。恋人がいない間の「あれしたい」「これしたい」をぶつけられることを、彼の独りよがりだと感じてしまったんですよね。久しぶりの恋愛では恋人としたいことが溜まっていることかと思いますが、それは小出しにするようにして少しずつ叶えていってくださいね。

距離の詰め方に注意

久しぶりに恋愛をすると「恋愛の仕方が分からなくなってる」ということはありませんか?もちろん恋愛の仕方に正解はないので、どんな恋愛をしたってかまいません。しかし久しぶりの恋愛で起きやすいのが、距離の詰め方が急すぎるということです。「結婚したらこういう家庭を持ちたい」なんて話をいきなりされても女性は戸惑ってしまいます。自分の中では久しぶりの恋愛に浮かれて、付き合って、結婚して、家庭を持って――というところまで話が進んでいるかもしれませんが、女性はまだそこまで気持ちは盛り上がっていないかもしれません。久しぶりの恋愛を成就させたいのなら、距離は徐々に詰めていきましょう。距離を急に詰められると女性は怖さを感じてしまうこともあります。

久しぶりの恋愛だからこそ落ち着いて

「恋愛は最高に楽しい!」それは久しぶりの恋でも、そうでなくても、その通りです。だから恋愛は思う存分楽しんでもいいんです。ですが、恋愛は相手があって初めて成立するものです。相手がどう思うかということを考えることも、相手を好きだと思う気持ちがあればできるはずです。久しぶりの恋愛は舞い上がり過ぎて、これまでの欲望を相手に押し付けたりしがちなもの。そうならないためにも、久しぶりの恋愛だからこそ落ち着いてゆっくり恋愛を進めていきましょう。恋愛は一人だけでするものではありません。相手とペースを合わせながら楽しんでいきましょう。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター