サムネイル

気になる女性をホテルに誘う、テッパンのキラーワード4

気になる女性をホテルに誘うとき、どんな言葉で相手を誘いますか?ド直球に「これからホテルに行こう」もいいけれど、これだと「俺はセックスがしたい!!」と言っているようなもの。大人の男ならもう少し粋な言葉で誘ってくれないと、なんだかガッカリしちゃいます。女性に思わず「うん♡」と言わせるキラーワードで熱い夜を過ごしましょう♡

  • 更新日:

テッパンの誘い方を知ろう

ホテルの誘い文句。それは女性のYES/NOを決める大事なひと言です。ホテルに誘いたいけれども、どんなふうに切り出したら良いやらと考えているうちに女性が「そろそろ帰ります」とみすみすチャンスを逃すなんて悲しすぎる!うまく誘いたいけどどうも切り出しにくい…そんなもどかしさを感じている男性に朗報です!!

こんな誘い方されたらOKしちゃう♡というテッパンのキラーワードをいくつかご紹介します。JION読者は渋い大人世代の方が多いと思います。「ラブホに行かない?」なんて直球な言葉はあまりにも若すぎます。ここでご紹介する言葉は、どんな相手、どんなシチュエーションでも使えます。丸暗記して早速誘いましょう♡

もう帰るの?

もう帰るの?という誘い方があります。まるで女性からの誘い方にも思えるような言葉かもしれませんが、これが意外と使えます。意中の人からこんな一言を言われたら、思わずうつむいてしまうでしょう。

もう帰るの?という一言で、まだ一緒にいたいという気持ちを表現しているわけですが、これで察しがつかない女性はほとんどいないでしょう。「もう帰るの?」ときいたあと、「どこに行くの?」と聞かれたら、素直に答えましょう。

ここで変に「内緒」と言ったりするような男性は面倒くさいと思われますよ。素直に「ホテルに行こう」「2人きりになれるところ」と誘うのが一番わかりやすくて女性も火がつきやすいでしょう。

明日早いの?

明日早いの?という一言も使えます。次の日が仕事であれば、お泊りは厳しいかなと考える男性も多いでしょうがこれは女性も同じです。すぐさま「早いです」と言われたら脈なしかもしれません。「うーん…休みですよ」というような少しためらったような返事や「仕事ですけど…」というような迷っている反応があれば脈アリ。

「早くないならもう少し一緒にいれるね」「お泊りしてく?」もう、お互いに両思いならばこの一言でホテル行きはほぼ決定。男性が誘導尋問のように「それなら一緒にいれるよね」「曖昧な返事なのはまだ一緒にいたいから?」などと問いかけてしまうと、ただのうざい男性になってしまうので注意が必要です。

あくまでも女性の気持ちを考えて、無理やり誘うのは辞めましょう。相手の意思があってはじめてホテルに一緒にいけるのですから。

このあとも付き合って

このあとも付き合ってという一言は、「このあと飲みに行く」のか「遊びに行く」のか「それとも…」ということが明確ではないということから、あくまでも2人の合言葉のような感覚で使うことをおすすめします。まだ体の関係になっていない女性だとこのあとどうなるのかということがわからず不安になるということもあるようです。

このあとも付き合ってという言葉の意味をお互いに理解し合えている関係であれば使っても大丈夫な誘い方です。たとえば「明日は早いの?」「そんなことないよ」「じゃあ、このあとも付き合って?」というように、女性を誘えそうな雰囲気のときにこの言葉を使うとわかりやすいでしょう。自分だけの片思いのときにこの一言を使ってしまい撃沈しないように注意しましょう。

朝までいっしょにいて

朝まで一緒にいて、という一言も女性が男性を誘うときにも使えますが、男性から女性にも使える一言です。このまま一緒にいたいという気持ちになったら、素直に伝えるのが一番シンプルで、相手にも響くもの。

「朝まで一緒にいようか」という形に変えても良いでしょう。ポイントは自分の気持ちを隠さないということ。変に下心を隠そうとすると、女性もなんだか素直な気持ちで応じることができません。

大切なのは男性から素直に気持ちを打ち明けるということです。

大人の男なら下心も粋な言葉で伝えて

いかがでしたか?どれもテッパンの誘い方ですがいざ使うとなると、恥ずかしいと感じてしまうような表現もあったでしょう。しかし、女性は素直に気持ちを伝えてもらったほうが嬉しいもの。誘うときも遠回りな誘い方よりも、直球のほうが嬉しいと感じる人も多いのです。

曖昧な口説き方でてっきりこのあと遊びに行くのかと思っていたらついた場所はラブホで慌てて帰ったという人もいます。あまりにも下心を隠してしまうと、男性が話していることの意図がわからずにその気もないのにホテルに行ってしまったり、行為に及んでしまったりすることも少なくありません。

大切なのは男性がわかりやすく、スマートに誘うということ。そして女性の気持ちを尊重するということです。お互いがきちんと合意の上で楽しく過ごすということがとても大切です。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター