サムネイル

モテる男は知っている!上手いデートの誘い方~マインドと方法~

上手くデートに誘う自信のない男性は、デートの誘い方を今一度こちらでおさらいしてみましょう。デートできるかできないかは誘い方次第。同じ男性に誘われても、誘い方の違いでOKするか断るかは変わります。モテる男達が自然と実践している、女性をデートに誘う時のマインドと具体的な誘い方をご紹介します!

  • 更新日:

誘い方ってとっても重要!OKさせる誘い方を身に着けて

女性をデートに誘う。この行動を何も考えずスマートにできればいいんですが、今この記事を読んでいるということは、どう誘ったらいいか分からない、断られるのが怖くてデートに誘えない、デートに誘ってもいつも断られる、こういった悩みがあるからだと思います。

それらの悩みを解決するために、モテる男性達が実践しているデートの誘い方から、どう誘えば女性にOKさせられるのか、その方法を学んでみましょう。こちらを参考に、ナチュラルにスマートに上手く誘える男になってください♡

モテる男から学ぶ上手いデートの誘い方 マインド

自信を持って誘う

いまいちどう誘ったらいいかわからない、ストレートに物が言えない、断られるのが怖い、こういう男性は、誘う時にその気持ちが全身に表れていますよ。自信なさげな表情、遠慮がちな口調、声の小ささ、おどおどした態度、こんなんじゃ断られるのは当然。断りやすい男性には躊躇せずNOと言えてしまいます。そしてこんな男性とデートしても絶対楽しくないだろうと思えてしまいます。

モテるから自信があるのではなく、自信があるからモテるんです。

デートの誘い方でまず大切なのは、笑顔。苦笑いや照れ隠しの笑顔じゃなく、爽やかな笑顔!これには思った以上の魅力が溢れています。普段から女性と話す時、笑顔を意識しておくと、いざデートに誘う時も明るい笑顔が出せると思いますよ。

それからハッキリとした口調で話すこと。不安や恐れを捨てて、ハッキリとした話し方を意識して下さい。笑顔とハキハキした口調を引き出すのは、自信。深く考えずに、いけるだろう!という自信を持って下さい。デートというと大層ですが、ほんの数時間ふたりで過ごすだけのことだと思って。そして断られても死ぬわけじゃないと思えばいいんです。一度断られたらそこで終わるわけじゃないんですからね!

一度断られてもまた誘う

一度断られてそこで終わりというわけではないと言いましたよね。本当です。モテる男性であっても、毎回一発目の誘いでOKをもらっているケースばかりではないのです。一度断られたけど二度目でOKをもらってるってことは多々ありますよ。三度目四度目となるとそのしつこさに嫌われてしまうパターンもありますが、二度目までなら全然誘ってもいいと思います。

じゃあまた誘うわ~と言ってちょっとだけ日を置いてから再び誘えば、前回断ったのにまた誘ってくれたというあなたの熱意を感じてOKになるかもしれませんし、一度断ってるし今回は行っておくかという気持ちにさせられる可能性もあります。

女性がどんな心境でOKしたとしても、とりあえずはデートの約束さえできればいいんです。だから、断られてもくじけずにもう一度誘ってみようというポジティブなテンションは大切にして下さいね。

モテる男から学ぶ上手いデートの誘い方 方法

女性の好きなもので釣る

デートに誘うという行為に不安や恐れを感じる男性に必要なのは、誘い方の知識。こう誘えばいいんだ!という知識があれば、自信を持って誘えるでしょう。じゃあどう誘えばいいのか、それは女性の好きなもので釣るんです。

デートと言ってもほんの数時間ふたりで過ごすだけのことだとは言いましたが、このたったの数時間でも、したくないことに時間を費やすのは苦痛。好きな人が相手なら、その人と過ごすこと自体にメリットがあると思えます。でもまだ好きじゃない人とのデートなら、デートの内容にメリットがないとなかなか行きたいとは思えないもの。

だったら、女性が好きなことを会話の中から探りましょう。デートといえば必ず食事をすると思うので、食の好みを聞きだすのは必須。お酒が好きかどうかとか。そして聞きだした情報を元に、イケてるお店をリサーチしてそこに誘ってみて。「こないだメキシコ料理好きって言ってたじゃん~友達がこないだ行ったお店が美味しいって言ってたし行こ~」という具合で。

「ほんとにー!行ってみたい~!」ってなりやすいです。もし内心ふたりで?って思ってたとしても、好きだって言ってる料理を食べに行こうと誘われているのに断ったら、料理は食べたいけどあなたと行くのがイヤだから断りますと言っていることになるので、OKしておこうという心理もあります。でもあなたからすれば、とりあえずデートの約束を取り付ければいいんです!

会話の流れでサラッと誘う

会話の流れでテンポよく誘われると、断りにくくくてついOKしちゃうってこともあります。先程のメキシコ料理の会話で言うと、メキシコ料理が好きと聞いてその場で思いつくお店があるなら、その流れで誘っちゃうんです。「メキシコ料理好きなのー?俺タコス美味しいお店知ってるし行こ~!」と。この流れでテンポよく誘われて「えー行かない~」とはならないですきっと。

ここ誘うきっかけなのに!ってタイミングを逃して「メキシコと言えばさ、去年旅行で行ったんだけど…」と話し出す男性がよくいるので、会話の中の誘うタイミング、逃したらダメですよ。

過去に、テレビが壊れたと言ったら「買い替えるの?ちょうど僕もプリンターの調子悪くて買おうと思ってたし一緒に行こう~」と言われて仕事帰りに家電屋さんに行き、その帰りにサクッと飲みに行ったら意外と楽しくてそのまま付き合った、ということがありました。

ただのテレビが壊れたという話題ですら、デートに誘うきっかけになるということ。あなた次第で、必ずデートに誘えるポイントとなる話題を見つけられます。そこですかさずサッと誘うんです。流れに乗ってテンポよく誘えば、考える隙を与えずにまぁいっかーとOKさせやすいですよ!ちなみにプリンターの調子が悪いのは嘘でした。こういう嘘はアリだと思います。

デートに行く前提でプランを選ばせる

デートに行くか行かないかではなく、デートに行く前提でプランや日程を選択させる誘い方をするというのも重要なポイントです。どんなときでも、女性に決定権を委ねる言い方はしないほうがいいと思っておけばいいです。行ける?行こう?という言い方ではなく行こ~!という言い方で、勢いでもうすでにデートすることは決定した言い方をするんです。

韓国料理好きなのー?じゃあ食べに行こう~!タッカルビとサムギョプサルが美味しいお店があるんだけどどっちがいい?サムギョプサルね!じゃあいつにする?今週か来週の週末どっちがあいてる?…とこういう誘い方です。どうしてもデートはする!デートしてくれるならプランや日程は選択権を与えてあげる、と言ったら偉そうですが、これくらい強引な感じも必要です。どっちがいい?って聞かれたら、無意識にデートはもうすると決まっているんだと感じやすいのです。

日程は近い日にちで最初にいくつか候補をあげる

日程を決める時は、あまり先の日にちを提案すると、まだ分からないし予定が分かったら連絡するね!と言われて流されてしまうので、近い日にちの中から候補を挙げましょう。しかも、もし誘った日から1カ月以上先の日にちに約束を取り付けられたとしても、デートの日までに女性の気が変わったりテンションが下がってしまえば、後からごめんやっぱりその日ムリって連絡をよこされかねませんので。

そして〇日空いてる?予定ある。じゃあ〇日は?その日もムリ。こうなると面倒になってきて、これまた予定がわかったら連絡するね!と言われてしまうので、最初にいくつか候補の日にちを提案することも重要です。

また予定がわかったら連絡するね!と言って女性から本当に連絡が来るのは、女性があなたにかなり好意があるときだけ。だからデートの話をしているその場で日を決定しなければいけません。日程の選択肢は、できるだけ多い方がいいです。多ければ、全部の日に予定が入っているなんてことはさすがにないはずです。

どんなきっかけでもとりあえず一度デートできればいい

多少強引でもいいんです。女性も望んでデートに来てほしいと思うでしょうが、誘ったときに女性がそこまで乗り気じゃなかったり、断れなくてOKしただけだったとしてもいいんです。デートしてみたら意外と楽しかったって感じることがありますから。

デートしなくちゃあなたの良さが伝わらないのに、デートすらしてもらえなかったら伝わる良さも伝わらない。だから、上手く誘ってOKさせちゃいましょう。このマインドと誘い方を何度か実践して身に着けたら、きっとデートの誘い方に悩むことはもうないと思いますよ♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター