サムネイル

花火デートは準備も万全に!持っていくと便利な持ち物5つ

夏の定番、花火デート!花火デートに持って行くべき持ち物を5つご紹介します。こういうデートのときって持ち物を女性任せにする男性も多いですよね。バッグを持つ習慣のない男性は特にそうです。でも、ここでちゃんと準備万端なところを見せれば、気が利く♡頼れる♡そんなイメージを持ってもらえますよ!

  • 更新日:

花火デートで気が利く男っぷりを魅せて♡

花火大会って、人混みだし暑いし身動きが取りにくい。だからこそ持ち物を用意周到に準備しておけば、いざというときに便利だし、彼女がその持ち物を必要とするときに必要なものをさっと取り出せば、なんて気が利く頼れる男性……!となるわけです。

女性も、花火デートとなればあれこれ持ち物を準備しているかもしれませんが、それをあてにして何も持って行かないなんてダメです。デートの為に持って行きたいかわいいバッグが小さいかもしれないし、浴衣だとたくさんの持ち物を持ち歩くのは大変。

それに花火デートの日の女性は、汗をかいてメイクが崩れたときのために、ある程度のメイク道具を持って行っておきたいのです。そんなときに、持ち物は任せておいて~と事前に声をかけてくれる男性は最高!というわけで、花火デートに持って行くと便利な持ち物をチェックしておきましょう♡

花火デートに持って行くべき持ち物6つ

ハンカチ

ハンカチは、女性も必ず持ってきていると思います。トイレで手を洗ったときや汗を拭くためにも。それなら借りたらいいやって思わず、男性も持って行っておいて下さいね。何度か使ったら湿っちゃうし、2人で使ったらハンカチが渇く間もありません。

それに、人が使った後のハンカチがイヤだという女性もいるかもしれません。いずれにせよ、ハンカチは花火デートのみならず、大人の男性なら普段から持ち歩いておいてほしい持ち物です。意外と、ハンカチを持ち歩く習慣のない男性っています。でも花火デートの日は必ずポケットに入れておきましょうね!

ウェットティッシュ

たこ焼きのソース、イカ焼きや焼き鳥のタレ、かき氷のシロップなど、屋台の食べ物って手につくとベトベトになる食べ物が結構あります。普段お店で食べるなら、おしぼりがあるので大丈夫です。でも花火デートの日は、もし手についてしまったらウェットティッシュがなければ手を洗うしかない。

そんなときにウェットティッシュがあれば、かなり便利です。それに花火デートの日は、椅子に座ってテーブルでゆったり食べられないシチュエーションの方が多いですよね。そういうときは、食べ物の汚れがうっかり服についちゃうことが想定されます。そんなときにもウェットティッシュは大活躍。ウェットティッシュも絶対必要な持ち物です!

レジャーシート

花火は是非座ってゆっくり見たいですよね。椅子が用意してある観覧席のチケットを取ってなければ、レジャーシートはマストアイテム。しゃがんでたら落ち着いて見れませんし、足も痛くなっちゃいますしね。かといって浴衣を着ていたりスカートを履いている女性は、地べたにそのまま座るのはイヤです。でもレジャーシートがあれば、どこでも座ってゆっくり花火を見ることができます。

薄いレジャーシートだと、長い間座っていたらおしりが痛くなっちゃうので、クッション性のあるレジャーシートがおすすめ。もし現地まで車で行くのであれば、折り畳みの椅子を持参すれば尚良し。ただ電車移動だとさすがに椅子を持ち運ぶのは大変だと思うので、椅子は無理でもレジャーシートは持ち物リストに入れておきましょう。

ビニール袋

屋台で食べ物を買うのであれば、ビニール袋も必要な持ち物上位に入ります。食べた後のトレイなんかをすぐに捨てられればいいのですが、ゴミ箱があまり数多く置いていないことも多いので、ビニール袋を持って行っておけば、ゴミ袋として使えるので便利です。ゴミをずっと手に持ったままだと、手がふさがってなかなか邪魔。袋だったら腕に下げておけますしね。

花火デートで屋台を回る場合、ビニール袋ってかなり使える持ち物だと思うんですが、実際持ってきている男性はあまりいません。だからこそ、ゴミを捨てたいけど近くにゴミ箱ないなってときにビニール袋をさっと出せば、かなり用意がいい!という印象です。折りたためばポケットに入るしかさばる物じゃありません。是非ビニール袋は1枚持ち物に入れておきましょう。

虫よけグッズ・かゆみ止め

花火デートは、蚊が多い場所で見ることも多いと思います。河原だったり草村だったり。だから、虫よけグッズともし刺されたとき用にかゆみ止めを持って行っておくと、かなり使えます。たかが蚊ですが、たくさん刺されたり、蚊の種類によっては一か所刺されただけでもかなり強いかゆみを感じたりするので、結構つらいです。花火に集中できなかったりしたらイヤですしね。

川の近くだと、蚊ではなくブヨという虫に刺されることもあります。これに刺されたときのかゆみは、蚊と比べ物にならないくらいの強烈なかゆみです。実際花火どころじゃなくなるくらい。そういうことまで想定して持ち物に虫よけグッズやかゆみ止めを入れておけば、かなりの気の利かせようだと思いますよ。

準備万端でデキる男アピール♡

花火デートで、ご紹介した持ち物すべてを持ってきている男性がいたら、かなり高評価だと思います。花火デートで快適に過ごせるように、前もって準備してくれてたんだという気遣いや優しさに感動しますし、気が利く男性なんだなって思います。是非こちらでご紹介した持ち物を、今年の花火デートに持参して下さい。きっとデキる男だなって思ってもらえると思いますよ♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター