サムネイル

モテを意識しすぎていつも空回りしてしまう男性へ。

モテるための努力は大切ですが、モテることばかり意識してしまうと、逆に空回りして非モテ男になっちゃう恐れがあります。実際、モテることを強く意識しすぎて、残念なことになってる男性をお見掛けします。モテることを強く意識しすぎるあまりに、空回りしている男性のNG行動と、失敗を回避する方法をお伝えします。

  • 更新日:

モテることばかり意識してしまうと、不自然になる

こういうときはこうすればいい、みたいなモテるためのマニュアルやテクニック。かしこく使えば効果的ですが、そればかり意識してしまうと、すごく不自然に見えて逆効果なんです。女性に、この人モテようと必死だな、ちょっと意識しすぎじゃない?なんて思われてたら、かっこ悪いですよね。そんな空回りをしないために、モテることを意識し過ぎて空回りしちゃう男性がやりがちな行動と、空回りしないための方法をご紹介します。

モテることを意識しすぎる男性がやりがちなNG行動とは

強引さを勘違いしてしつこく口説いている

女は強引さに弱い、と何かで読んで、モテるためには強引に攻めるべきだ!と、押せ押せ攻撃で口説く男性がいます。モテることを意識し過ぎて、強引に、というキーワードだけを頭に叩き込んでしまったのでしょう。ですが、強引さで女性を落とすには、タイミングも重要ですし、あなたのキャラや相手の女性の性格によっても、効果があるかないかは変わってきます。

まず、強引なのとしつこいのは意味が違います。そして、強引に攻めていいキャラの男性と、強引に攻めるのは無理があるキャラの男性がいます。そして、強引に口説かれるのが好きな女性と、そうでない女性がいます。強引に口説くというテクニックは、このすべてを見極めてから使わないと失敗します。強引に口説いて上手くいった試しがないのなら、まだ強引にいくべきタイミングではなかったか、そもそもあなたが強引に口説くのが合わないキャラなのか、強引に口説かれるのが嫌いな女性に対して強引に迫っていたのか、どれかですよ。

駆け引きするタイミングを間違えている

押して引いて、情熱的に口説いて冷たくしてみて、みたいな駆け引きって、それが効果をなすタイミングを見極めないといけません。押すべきところで引いていたり、引くべきところで押していたのでは、女性は落ちないでしょう。モテるには駆け引きをしなくてはと、駆け引きばかり意識しすぎて、自分のまっすぐな気持ちを忘れてしまうのもいけません。

確かに駆け引きが効くこともありますが、駆け引きすることばかり意識してしまうと、本当に大切な気持ちを忘れてしまいますよ。駆け引きしてうまくいかないのなら、ストレートな方法で女性を口説いてみては?もしくは、きちんとタイミングを読んで駆け引きができるように、今一度、自分がやった駆け引きの何が間違っていたのかを振り返ってみるといいでしょう。

イイ男を演じて自分を見失っている

大人の男たるものは、みたいなことを意識しすぎて、女性の前ではかっこいい男であろうと思い過ぎるあまりに、本来の自分を見失ってしまってはいけません。それに、演じている自分がモテても、本当の自分を好きな女性に認めてもらえなければ、意味がないでしょう。このタイミングではこうしなくてはいけない、こう振る舞わなくてはいけない、そんなことばかり意識していると、いつまでも素の自分を見せられなくなってしまいます。

女性は男性がいいかっこうをしようと頑張っているのを見ると、最初は私のために頑張ってくれてるのかなと思ったりもしますが、それがずっと続くと、この人ただのかっこつけなんじゃ…と感じます。そしていざ本当に自分を見せて女性が去って行ったら…空回りどころかとても虚しくなっちゃうでしょう。モテる男の特徴を真似するのはいいことですが、そればかり意識すると不自然な男性になってしまいます。要所要所取り入れるだけでいいんですよ。

心に余裕を持って自然な振る舞い方を

モテたい、モテたい!ってその気持ちばかりが頭の中を占めている時点で、モテないんです。誰だってモテたいのは同じですが、常にモテるためという意識のもとで行動していては、女性からすると、女好きだけどモテない男性というふうに見えてしまいます。それに、モテることばかり考えている時点で、余裕がないということになってしまいます。

本当にモテる男性は、もちろんこうすればモテると分かっていて行動することもありますが、基本は自然体。自然体でモテるのは、モテるためだけに行動をするのではなく、人として男性として良くあろうとする普段の意識が、結果モテることに繋がっているということなんです。モテることを意識しすぎて、結果モテた手応えを感じたことがないのであれば、一度モテるということを置いておいて、まずは女性ありきで考えずに、シンプルにイイ男を目指してみるといいと思いますよ♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター