• 恋人への嫉妬を止めたい!嫉妬をうまくコントロールするコツ
サムネイル

恋人への嫉妬を止めたい!嫉妬をうまくコントロールするコツ

大好きな彼女が、自分以外の男性と話したり隣にいるだけでイライラする…。そんな男性も多いのではないでしょうか。ですが、あまりにも強い嫉妬をしすぎると「重い」「面倒くさい」なんて思われてしまいます。恋人への嫉妬をうまくコントロールして、自分の気持ちを落ち着かせていきましょう。

  • 更新日:

うまく嫉妬をコントロールしなければ嫌われる!?

恋人のことが大好きだからこそ、嫉妬をしてしまう。好きな女性が、自分の彼女が他の男性と仲良くしていて「何も思わない」という男性のほうが少ないのではないでしょうか。悪者になりがちな嫉妬ですが、嫉妬をすることを「悪い」「面倒くさい」とまでは、女性は思わないのです。

では、何が問題なのでしょうか?それは「嫉妬をしすぎてしまう」ということです。あなたが感じた嫉妬ややきもちを素直に伝えすぎてしまうと、彼女にとっては迷惑になってしまうことがあります。

自分の気持ちを伝えたいのであれば、「嫉妬をコントロールする」ことが大切になってきます。あなた自身も、気持ちをコントロールできれば、ストレスやイライラも減っていくはずですよ。嫉妬をうまくコントロールするコツをぜひ知っておきましょう。

嫉妬をしてしまう原因を突き止める

まずは、あなたが恋人に対してモヤモヤと嫉妬をしてしまう原因を突き止めましょう。自分の気持ちを整理することで、「これが嫌だったんだ」「この行動が許せなかったんだ」と考えることができます。一度冷静に考えることで、「これは困らせてしまう嫉妬だ」「これは伝えて良い嫉妬だ」と判断することができるようになるのです。

例えば嫉妬してしまうのはこんなシチュエーションではありませんか?

・恋人が男性と二人きりになっていた
・クラスや職場の男性と仲良く話していた
・自分以外の男性と積極的に接しようとしていた
・男性がいる飲み会に行っていた

あなたが嫉妬した原因は何でしょうか?恋人にとっては、仕事をしていく上で…学校生活を送る上で必要なことかもしれません。もし相手が嫉妬してきて、行動に制限をされたときに困ることは何か、比較して考えていきましょう。

恋人と一度しっかりと話し合う

気持ちを整理したら、一度恋人としっかりと話し合ってみましょう。きちんと自分の気持ちを制御した上で、「これは言ってもいいだろう」「彼氏なんだから」と思えることがあるのでしたら、ぜひ素直にぶつけてみるのです。我慢したまま付き合っていくのは、あなたも辛いはずです。

・二人きりになるのは心配だからやめて欲しい
・男性がいる飲み会ならば、報告して欲しい
・大好きだからこそ、小さなことで嫉妬してしまう

など、恋人に話してみましょう。恋人も、思っていることや「これだけは譲れない」という部分をぶつけてくれるでしょう。お互いに納得がいくまで話し合えば、嫉妬の気持ちも落ち着いてくるのです。

自分磨きをして自信をつける

嫉妬をしてしまうのは、「恋人がどこかへ行ってしまうかも」という不安が大きいからです。もちろん「好きだから」という理由もありますが、自信がある男性は大爆発するほど嫉妬をしません。

彼女が少し羽を伸ばしても、嫉妬しないような自信と度胸をつけましょう。男ならば、ドンッと構えて待ってあげるのです。あなたが嫉妬をうまくコントロールできるようになれば、「理解してくれた」と恋人はきっと喜んでくれるはず。

また、あなたも、恋人だけでなく様々な人と接してみましょう。人間力を学ぶことができます。いろいろな価値観も知ることができるので、嫉妬をしすぎてしまう小さな自分を反省することができますよ。

もちろん見た目も大切です。ダイエットや筋トレ、髪型や清潔感なども力を入れてみましょう。「かっこよくなったね」「素敵だね」と言われれば、自信がグンッと上がります。自信をつけて、嫉妬の気持ちが沸かないようにしていくのです。

恋人を信じる勇気と自信をつけましょう。

嫉妬をコントロールするために、恋人と一度向き合ってみましょう。あなたが嫉妬するほどでもない事だった…なんてこともあります。向き合って話し合うことで、「信じよう」という気持ちが出てきますよ。

そして、「俺は彼氏だ!」と構えて待っていられるような自信をつけて欲しいと思います。嫉妬するほど大好きな恋人と幸せな関係を築けることを祈っています。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター