サムネイル

社内で片思い…進展するきっかけは何?社内恋愛の始め方

社内恋愛は周りの目が気になったり、うまくいかなかった時のことなどを考えて躊躇しがちです。でも、踏みとどまっていてはもったいないです!せっかく気になる人ができたらアプローチしましょう♡とは言っても、社内恋愛の始め方が分からない方も多いですね。今回は社内恋愛の始め方について段階ごとにご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 更新日:

【朗報】社内恋愛はうまくいくパターンが多い!

社内恋愛の良いところは、なんと言っても毎日会えることです。会える分だけその恋愛がうまくいく可能性は高いでしょう。アプローチするきっかけを毎日つくれる可能性があるのは、恋愛において大きなポイントです。それに単に会えるだけでなく、仕事を通した共通の話題や悩みがあるのも社内恋愛のメリットです。仲を深めるチャンスがそこら中に転がっていますよ♡

社内恋愛の始め方は?【3ステップ】

素敵な恋愛が始まる予感♡でも社内恋愛の始め方がわからない!そんなあなたは以下の3ステップを順番に実行してみましょう。

まずは自分の存在を知ってもらう【レベル1】

まずはあなたのことを知ってもらわないと話になりませんね。同じ部署の人であればいいですが、他の部署の人だと知ってもらうきっかけ作りが必要です。急に話しかけに行くとびっくりされてしまいます。

そのためまずは挨拶から始めましょう。「おはようございます」「お疲れさまです」これらの言葉は職場で掛けやすいですね。できたら1日1回は声を掛けるようにしましょう。はじめて声を掛けるときは緊張するかもしれませんが、笑顔を忘れないでくださいね。

いままで挨拶していなかった人から、毎日声を掛けてもらえるようになると相手は必然的にあなたを意識しだすと思いますよ♡

昼休憩が狙いどき!恋愛を始めるきっかけに【レベル2】

挨拶ができるようになったら、次は少し会話がしたいですよね。仕事中に話すのはなかなか至難の業です。それならばお昼休憩を狙いましょう!

「いまからお昼ですか?」「お昼はいつもどこで食べてるんですか?」などと会話を始めてみましょう。彼女のことがたくさん知りたいからと言って、急に質問攻めすると驚かれてしまいます。はじめは2,3ターンくらいで会話を抑えておいたほうがいいですね。

話すのが慣れてきたころには「好きな食べ物とかありますか?」と好物を聞きたいものです。好物が聞けたら会社周辺のお店をリサーチしましょう。お昼デートに誘ったときに困らないように準備しておくと安心です。

連絡先の交換【レベル3】

直接話ができるようになったら連絡先もゲットしたいですね。でも連絡先を聞くタイミングがなかなか難しい!ここで社内恋愛であることをメリットとして捉えましょう。同じ会社だと共通の話題が多いですからね。

連絡先を聞く前に気になる彼女の仕事の悩みなどを聞ける仲になっておくことが重要です。女性はお喋り大好きな生き物です。悩みに対してアドバイスできないかもと心配しなくもOKです。まずは女性の話に対して「うんうん、そうだね。大変だね」と共感してあげることがポイントです。それだけで女性は満足するんです♡

社内恋愛の始め方【成功談】

最後に実体験である私の社内恋愛をご紹介します。私はまさに社内恋愛が発展し結婚しました。彼とは上司と部下の関係ではじめは上司としか見ていませんでした。でも気づけば気になる存在になっていたのです。

上司として悩みを聞いてくれるとても優しい人でした。彼は聞き上手なこともあり、思わず仕事のこと以外のことも話すようになっていきました。そのうちに「もっと話したい!」と思うようになり、帰宅してからの電話がいつの間にか日課に。

そこからの進展は早いものでした。仕事後にご飯を食べに行き、一緒の時間を過ごすことが多くなり、休日はいろんなところに行きました。そして気づいたらお付き合いして結婚する運命をたどることになったのです。

後から聞いた話ですが、彼の方が私を好きになるタイミングが早かったようです。これは私にとって意外でした。自然な流れで付き合ったと感じていたので、まさか向こうの作戦にはまっているとは気づきませんでした。

彼の作戦は次の通りです。「悩みや相談を聞く→連絡頻度を上げる→仕事後にご飯に誘う→休日のデートに誘う→付き合う→結婚」彼の中では段階的に私へのアプローチを進めていたんですね。今回はまさに私の実体験に基づいた社内恋愛の始め方についてお伝えしました。

社内恋愛を始めましょう!

あなたも気になる人がいるのなら、ぜひ社内恋愛を始めてください♡社内恋愛は毎日の仕事一色の生活に色を添えてくれます。たとえ付き合う前であったとしても、毎日が楽しくなります。だって毎日好きな人に会え、会話を交わすことができるのですから♡あなたの社内恋愛がうまくいくよう願っています!

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター