サムネイル

スキンシップが苦手でも大丈夫!恋人とうまく関係を保つコツ

恋人同士ならスキンシップは当たり前と思われていますが、実は少なくないのがスキンシップが苦手だという人。スキンシップが苦手だなんて言いだせなくて、我慢しているという人も多いのではないでしょうか。でも、スキンシップが苦手でも恋人と良い関係を築くことはできるんです。この記事では、そのコツについてお教えしていきます。

  • 更新日:

スキンシップが苦手でも大丈夫

スキンシップは愛情を伝えられる手段の1つで、恋人同士にとっては欠かせないものとのイメージがあります。しかし、中にはスキンシップが苦手な人もいます。スキンシップが苦手で恋人と付き合うのが苦痛になってしまったり、そのことが原因で振られてしまったりした人もいるのではないでしょうか。でも、スキンシップが苦手でも、上手に恋人と付き合っていくことはできるんです。スキンシップは愛情表現の1つでしかなく、他にもいろいろな方法はあるんです。スキンシップが苦手でも恋を諦める必要はありません。スキンシップが苦手な人のための、恋人との関係の作り方について考えていきましょう。

スキンシップが苦手なことを伝える

スキンシップが苦手で恋人との関係が悪化してしまう場合、多くはそれをきちんと伝えられていないことが原因です。スキンシップが苦手だと伝えられていないのに、スキンシップをしてくれない彼氏のことを女性はどう思うでしょうか?好かれていないのではと感じたり、嫌われてしまったのではと感じたりしてしまうでしょう。

スキンシップが苦手だと伝えてさえいれば、こんなことは防ぐことができます。多くの人が好きな相手とのスキンシップは当たり前と感じている現代では、スキンシップが苦手なことは曖昧にせずしっかりと恋人に伝えておく必要があるでしょう。
伝えておくことで、恋人はスキンシップがなくてもあなたの気持ちを疑うことなく過ごせるようになります。好きな気持ちがあるのに、無駄な勘違いをさせないためにも早めの段階で伝えるようにしてくださいね。できれば、その理由も知れると女性も納得しやすいです。

スキンシップがない分、言葉で気持ちを伝える

女性はスキンシップによって、彼からの愛情を感じることができます。スキンシップは恋人同士の関係を良好に保つには、とても良い手段なのです。それがなくても、2人の関係がうまくいくためには何が必要なのでしょうか?

答えは簡単です。スキンシップ以外の方法で愛情を伝えていけばいいのです。日本人は言葉で愛情を伝えるのが苦手ですが、言葉での愛情表現にチャレンジしてみましょう。彼からの愛情で満たされていれば、スキンシップがなくても女性は満たされることができます。
ぜひチャレンジしてほしいのが『愛してる』の一言。なかなか言える日本人男性は少ないだけに、女性としてもドキドキさせられるキラーワードです。たくさん言うと安っぽくなるなんてことはありません。彼女のことが好きなら好きだと、たくさん伝えていきましょう♡

たまには相手に合わせる

スキンシップが苦手同士のカップルならば、スキンシップがなくても何ら問題はありません。ただし、そうではない場合には、たまには歩みよりが必要です。スキンシップをしなくてもうまくいっているとしたら、それは彼女が我慢してくれているからです。
たまには、彼女のスキンシップをしたいという気持ちに応えることが大切となります。どちらか1人が我慢をしなければならない関係は、いずれ破綻してしまいます。お互いに譲り合うことができるカップルでいられれば、2人の関係は長くうまくいくようになるでしょう。スキンシップが苦手でも、彼女がスキンシップが好きならば、たまにはスキンシップをしてあげてくださいね。

スキンシップなしでも愛情を伝えよう

スキンシップが苦手でも大丈夫!恋人と良好な関係を築くことはできるんです。それには、まずスキンシップが苦手なことをきちんと伝えておくことが大切です。そして、スキンシップ以外の方法でたっぷりと愛情を伝えてあげることができれば、彼女はスキンシップなしでも満たされます。最後に、たまには彼女のスキンシップにも応えてあげてくださいね。お互いに歩み寄り、愛情を伝えることができれば、スキンシップが苦手でも恋人関係はうまくいきます。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター