サムネイル

気持ちが伝わる!デートで好きな女性に取りたいアピール

ただ単にデートしただけでは、好きな女性に気持ちを伝えることはできません。デートとはいわばお試しの段階で、お互いに相手のことを探り合う時間です。そのデートでは上手にアピールして、あなたの気持ちを伝えていくことが、彼女との恋の成就の第一歩となります。デートで好きな女性に取りたいアピールについてご紹介していきます。

  • 更新日:

アピール上手になってデートを成功させよう

『デートに行けた』そのことに満足してしまっていませんか。デートをこなしただけで、好きな女性との関係が進展することはありませんし、男性の好きが伝わることもありません。せっかくデートの約束を取り付けたのなら、そのデートを利用してあなたの好きをどんどんアピールしていかなければなりません。ただしガツガツ行き過ぎてもうまくはいかないのが難しいところ。そこで、この記事ではデートで気持ちを伝えることのできる、ちょうどいいアピール方法についてご紹介していきます。デートの前に読んで、参考にしてみてくださいね。

初デートは昼間に短い時間で

「1度のデートで決める!」なんて思ってはいけません。デートは何度か繰り返して結果を出すものだと思っておきましょう。好きな女性と初めてのデートをするなら、昼間に短時間がおすすめです。いきなり夜のデートだと女性側も警戒しますし、体目当てなのかと誤解されかねません。昼間に短時間のデートなら、女性も気軽に安心してデートに出かけることができます。そして、警戒されることなく誠実な男アピールができれば、次のデートにも誘いやすくなりますよ。短い時間のデートで少し物足りない思いをすることが、二人の恋を盛り上げてくれるでしょう。

待ち合わせは10分前に到着

待ち合わせからすでにデートは始まっていると心得ておきましょう。好きな女性とのデートに遅刻するなんて、ありえません。そんなことをしていては、女性側からは「楽しみにしていなかったのかな?」と思われてしまいます。デートの待ち合わせには10分前に到着しておき、このデートを楽しみにしていたことを存分にアピールするようにしましょう。10分前に着いておけば、たとえ彼女が5分前に到着しても先に待っていることができます。ほんの少し早く来ることで、好きを彼女にアピールすることができるのです。デートの日は待ち合わせから気を抜かないで臨んでくださいね。

食事代は奢る

好きな女性とのデートでは、食事代は男性が出すようにしてください。「今日はデートに付き合ってくれたから、俺が出すよ」とでも言えば、このデートを望んだのは俺だというのが彼女に強く伝わります。最近では奢られることを良しとしない女性も増えていますから、奢ると言っても断られるかもしれません。そんな時には「じゃあ、次お茶した時出してよ」と言って、スマートに払ってしまいましょう。奢ると同時に、次のデートへとつなげることができるんです。食事代を男性が出して、女性への気持ちをアピールしていきましょう。

次の約束をする

1回のデートで関係がグンと進展することは、そうあるものではありません。デートは何度か繰り返すことが大事です。ですから、デートの最中に次のデートの約束をしてしまうのがいいでしょう。女性にとっても、男性が次のデートを考えてくれているのかが分からないと不安になります。もちろん具体的な日程までは決められなくても大丈夫。「次は〇〇行こうよ」と言ったふんわりした約束でOKです。男性が次のデートもしたいと思ってくれている。このことは、ちょうどよく女性に好きを伝えられる手段となります。

気持ちを伝えるデートをしよう

好きな人には気持ちを伝えることが大切です。「言わなくても分かる」と男性は思いがちですが、気持ちは分かりやすく伝えた方がいいに決まっています。好きな女性とデートをする時には、10分前には待ち合わせ場所に到着し、食事代を奢り、次のデートの約束をすることで、『好き』の気持ちを伝えていきましょう。まず『好き』を伝えないことには、何も始まりません。デートでは好きアピールを忘れないでくださいね。

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター