サムネイル

マンネリを避けろ!付き合い始めのトキメキを復活させるコツ

付き合い始めって、ドキドキしたりキュンキュンしたり♡恋愛の良いとこ取りみたいな時期ですよね。ずっとそんなのが続けばいいのですが、なかなかそうはいかないですよね。でも、長く付き合っていたって、お互いにたまにはときめきたいと思うものだと思います。そんなときに、付き合い始めのトキメキを思い出す方法をご紹介します♡

  • 更新日:

最近ときめかないと思っているカップルへ

最近ときめかないな、ドキドキしたいな、って頻繁に思い始めたらもう危険です。付き合いが長くなると、どうしてもときめきが薄れていくのは仕方ないところがあります。でもその代わりに、安心感や信頼感が強くなっていき、そうやって形を変えていくふたりの関係に満足できているなら、すごく素敵なカップルだと思います。

ですがそうではなく、物足りなさを感じているのであれば、そのままにしておいてはいけません。放置して、なんとなく一緒にいるだけ、情で離れられないだけ、惰性でセックスしてるだけ、そんな関係になってしまったら悲しすぎます。更に悪化すれば、セックスレス、破局、ということもあり得なくはないです。

そんな関係になる前に、付き合い始めの楽しかった頃の気持ちを蘇らせる方法をお伝えします。そんなことしたって…と思わず、一度やれるだけやってみて下さい。どっぷりマンネリしてしまうほどに、修復が難しくなりますよ。手を打つのは早いに越したことありません!

付き合った頃のことをふたりで思い出してみる

マンネリ気味のふたりにも、新鮮な時期がありましたよね。付き合う前、相手のこんなところが好きだな、だから付き合いたいな、そう思って追いかけたり追われたりして、そのやり取りを楽しみながら付き合うに至ったと思います。付き合い始めの頃は、デートが毎回楽しかったでしょう。

その頃の思い出話を、ふたりでしてみて下さい。こんなこと言ってたよね、あんなことしてたよね、と話しているうちに、付き合い始めの楽しかった感覚が蘇ってくるかもしれません。

実はあのときこう思っていた、とか、今だから話せることがあったり、ひとりで思い出すよりもふたりで思い出すことで、知らなかったことを知って新鮮な気持ちになれたり、忘れていた感情を思い出しやすくなると思います。

お互いの好きなところを伝えあう

これは、改めて向き合うということです。マンネリするくらい長く付き合っていると、お互いのことを知った気になって、知ろうとしてちゃんと向き合う機会が減ってることもあるかと思います。それがすれ違いに繋がったりしている可能性もあるでしょう。

なので、改めて、ふたりで相手の好きなところを伝えあうのです。今更そんなの面と向かって照れ臭い、って感じる人は、尚更伝えた方がいいです。一緒にいるのが当たり前になって、良いところや好きなところを言わなくなると、最終的にありがとうって言わなくなったり、感謝の気持ちを忘れたりすることにも繋がる可能性もあるからです。

相手の好きなところを口に出すことで、改めてこんなところに惚れてたんだなって再確認できますし、言われた方は、ちゃんと自分のことを見てくれているんだなって嬉しくなります。こういう会話をあえてすることで、付き合い始めの“ちゃんと”好きだったころの気持ちが復活するかもしれません。

新鮮なデートをする

“付き合い始め”というワードで思い出す場所に行くのもひとつ。思いっきりオシャレしてロマンチックなデートをするのもひとつ。まだふたりで一緒にしたことのない初めてのことを一緒にするのもいいですね。毎回おでかけしているなら、逆に家デートが新鮮なデートになるかもしれません。

カップルによって、新鮮だと思うデートプランは様々だと思います。たまにはいつもとちがうデートをしよう、と提案して、ふたりでどんなデートをするか話し合ってみて下さい。

恋愛でも仕事でも何でも、毎日同じ、毎回同じ、というのはマンネリする大きな原因です。ですが、マンネリを感じる度に相手を変えたり仕事を変えてたらキリがないですよね。なので、付き合い始めの感情をまた味わいたいのなら、こういった工夫をするふたりの努力も必要なのです。

意識してスキンシップを増やす

スキンシップの頻度自体が減っているカップルは、意識してスキンシップして下さい。スキンシップって、どれだけ長く付き合っていても、例え結婚して子供ができてからでも、男女にとって大切なこと。人の肌に密に触れるって、特別な相手でないと普通しないことですしね。

そして、スキンシップがふたりの関係に与えるプラスの効果はなかなかのものだと思います。ぜひライトなスキンシップからディープなスキンシップまで、触れ合うということを忘れないようにして下さい。

もし、頻繁にスキンシップしているけれど、スキンシップ自体にもうときめかない、という状態なのであれば、かなり危ないにおいがします。心臓がドキドキするとまではいかなくても、スキンシップによって癒されてホッとできるなら問題はないと思いますが、無感情なのであれば、種類を変えたスキンシップを増やしましょう。

いつもと違う場所でセックスして、まだ試したことのないプレイをやってみるとか。人前では手も繋がないというふたりなら、街に出て腕を組んでデートするのもいいと思いますよ。スキンシップによって、種類は違っても、付き合い始めのように一緒にいて幸せと感じていた感覚がまた蘇るかもしれません。

旅行に行く

筆者のまわりのカップルたちを見ていると、長期休暇の度に海外に行くカップルって、長続きしているし、しかも仲が良いんです。これはそもそも“旅行”という共通の趣味があることも、長く仲良くいられる理由のひとつかもしれませんが、旅行によって毎回新鮮な空気をふたりで共有していることも、大きな理由のひとつなのではないかと思っています。

初めての場所、初めて見る景色、初めて体験すること、いろんな“初めて”を共有することも新鮮ですし、その初めてだらけの体験を通して、お互いの新たな一面を見つけることもあると思います。

また、旅行に行くには、計画してプランを練って、新幹線や飛行機のチケットを用意して、持ち物を用意して、という準備が必要ですが、これって楽しくもあり、そして気力も必要。それをふたりで協力してやって、そして楽しい旅を達成する、それが旅行が終わってからも一生の思い出として残る、このすべてに、付き合い始めの楽しい雰囲気を忘れないようにする効果が詰まっていると思うのです。

賢いカップルは事前にマンネリ予防をしている!

賢いカップルは、マンネリを予想して、先に手を打っています。マンネリしないような工夫を随時取り入れて防いでいるんです。なので、まだマンネリとまではいかないけど最近なんとなく…という段階のカップルでも、付き合い始めの頃を思い出すような工夫はやっておいて損はありません。

逆に、もうすっかりマンネリしちゃってるから手遅れ、ということもありませんよ。好きな気持ちがあるなら、今からでも試してみて下さい。諦めずに向き合って良い方向に持って行こうとする気持ちがあるうちは、ふたりの間の空気を変えることができる可能性は十分にあると思います。

絆を深めつつ、でも付き合い始めのワクワクするような感覚もたまには思い出せるよう工夫していけば、その頑張りはきっと長く楽しい関係を続けていくことに繋がると思います♡

内容について報告する

デイリーランキング

おすすめの記事

人気のライター